水道 工事で注意するべきポイントを徹底紹介

水道 工事で注意するべきポイントを徹底紹介 一口に水道 工事といってもさまざまな内容があります。工事の方法によって作業内容が異なり、料金も変わってきます。事前に見積もりを確認し、工事を行う場所、内容、費用やかかる日数などを事前に把握しておけば、費用に関する不安や今後同じトラブルが発生するかもしれないという不安がなくなります。自分で対応できると思って修理を行ってもかえって被害が拡大してしまう恐れがあるため、できるだけ水道工事業者に依頼した方がよいといえます。

■基本となる業務内容について

主に水道工事業者へ依頼をするのは、水道や下水道など水回りの修理が基本になります。トイレの水が止まらない、トイレがつまって流れない、給湯器が壊れたなどの場合に対応してくれます。他にも、部分的なリフォームの提案や施工対応、給排水衛生設備の確認についても行ってくれます。給排水衛生設備の確認は一般住宅やマンションの新築工事に伴って必要になる、給排水衛生設備工事の申請から施工までを行う作業内容です。また、空調設備に関しても対応しています。これは、一般住宅やマンションの新築工事に伴っての空調設備を整える施工を行うものです。さらに増改築やエアコンの増設、マンションやビルの給水方式の変更や老朽化に伴う受水槽更新工事も行っています。事業者でない限り依頼しない内容も少なくありませんが、一般家庭においてはやはり水回りの修理が代表的になります。

■申し込みが必要な作業内容とは
水道工事業者に依頼する場合、申し込みの必要な作業があります。増改築に伴う給水管の新設、住宅の新築工事や建て替え、給水用具の取り付けなどがそれに該当します。申し込みが必要になる理由としては、設計審査や工事検査を行う必要があるからです。間違った配管が用いられたり材質の基準に適合しないなどの問題が発生する可能性も少なからずあるので、前もって申し込みをすることが求められます。申し込みを行うにあたって簡単なのが、指定給水装置工事事業者からの申し込みです。すぐに対応してくれるため、指定給水装置工事事業者に依頼すると考えるのがよいでしょう。

■内容によって変わる料金

水道工事業者に依頼する際に多くの人が最も気になりやすい点は、やはり料金についてです。この料金については内容で大幅に変わることを覚えておく必要があります。修理の内容や作業日数、業者の基本料金などはそれぞれ異なり、詳細を把握しているかどうかで依頼すべき業者が変わってきます。どれぐらいの料金であるかはインターネットを活用して相場をチェックすれば把握できます。もちろん、どういった内容であるかも故障箇所から調べることが可能です。まずは見積もり依頼をするのが基本中の基本であるものの、業者によっては見積もりを依頼するだけで料金がかかる場合もあります。また、クレジットカード決済ができるのかという点も気になるところでしょう。事前にどれぐらいの料金がかかるのかを把握しているのと、まったく分からないのでは安心感が異なるものです。水道工事業者に依頼をして後悔しないようにするためには、事前の準備が肝心となります。もちろん、どの業者を選択するかも重要であり、安易に選択することはおすすめできません。

■まとめ
水道工事における業務内容を把握し、さらには料金も頭に入れておけばいざというときに戸惑うことは少なくなります。どうしても急にトラブルが発生してしまうため、見積もりなどを取らず全て修理を業者に丸投げしてしまうと、後に高額な料金を請求される場合もあります。あらかじめどういった内容の水道工事を行い、そしてどれぐらいの料金設定なのかを把握しておくことが肝心となります。事前の準備一つで適切な対応ができるかどうかが決まっていきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース